since2017

みつばち通信

活動報告

脱原発推進について

平成 23 年 3 月 11 日、東京電力株式会社(以下「東京電力」という。)福島第一原 子力発電所(以下「福島第一原発」という。)及び福島第二原子力発電所(以下「福島 第二原発」という。)は、東北地方太平洋沖地震とこれに伴う津波によって損傷し、特 に福島第一原発では国際原子力・放射線事象評価尺度(INES)レベル 7 の極めて深 刻なシビアアクシデントが発生しました。この事故は、大規模な原子力災害が、時間的にも空間的にも、いかに巨大な規模の被害をもたらすものであるかを人々に強く認識させることとなりました。(東電福島原発事故調査・検証委員会より) この事故で避難者数は164,865人(ピーク時、平成24年5月) 平成30年12月43,214人(福島県庁ホームページより)と多くの方が被害を受け、日本国内において現在でも非常事態宣言が継続しています。 日光市でも放射線量が1時間当たり0.23マイクロシーベルト以上の地域ということで、染状況重点調査地域に指定され除染対象となりました。現在でも日光市産の農林水産物のうち、「野生のきのこ」や「野生の山菜類」、「シカ肉などの野生生物」放射能基準値を超過しており被害は受け続けています。 燃料デブリが取り出せず、福島原発事故周囲は高濃度放射能汚染状況が続き、原発から出る汚染水もどんどんたまり、また海へと流れています。今でも毎日多くの人が事故の後始末のため高線量の現場で作業に従事しています。 東京電力福島第一原発事故の対応費用が総額81兆~35兆円になるとの試算を民間シンクタンク「日本経済研究センター」(東京都千代田区)がまとめています。経済産業省が2016年に公表した試算の約22兆円を大きく上回る結果で、81兆円の内訳は、廃炉・汚染水処理で51兆円(経産省試算は8兆円)、賠償で10兆円(同8兆円)、除染で20兆円(同6兆円)。現在でも廃炉作業に4000人の方々が当たっていると言われています。 このような現実を直視したいと、4年前にさよなら原発栃木の会視察に同行。南相馬市の避難所に伺い、避難生活の中で家族が分断され、自殺者も多くでたお話を聞きました。福島原発事故の風化を恐れ、再び2019年11月23日(土)~24日(日)、原発いらない栃木の会主催による福島原発周辺の現地視察に参加。福島原発事故周辺に行き、今でも事故から復旧されていない現実をみました。 この事故は自然が人間の考えに欠落があることを教えてくれたものと受け止め、この事 故を永遠に忘れることなく、教訓を学び続けなければならない。 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会 委員長 畑村 洋太郎さんの言葉です。同感です。 チェルノブイリ原子力発電所事故、そして東京電力福島第一原発事故を教訓にして、ドイツやイタリア、そしてスイスなど、国民投票などの結果を受けて、脱原発を推進することを決定し、再生可能エネルギーを促進し、省エネ対策にも取り組む国が続いています。 このように危険で莫大な費用が掛かるエネルギー政策には反対です。汚染された地域から伐採した木材を利用したバイオマス発電にも反対の立場です。省エネ政策や安全なエネルギー政策の推進について、調査や視察、提案などを続けていきます。   福島原発事故の放射能汚染問題、あきらめず提案し続けます! 日光市議会での一般質問   ⒈ バイオマス発電について (1) バイオマス発電の国内の実施状況 (2) バイオマス発電の安全性について (3) 住民の意志の尊重について 2. 放射能汚染物質の長期保管について (1) 市の除染状況 (2) クリーンセンターの保管状況と今後について (3) 最終処分場建設について 3. 放射能被害対策総合政策について (1) 健康被害の対策について (2) 放射能汚染関連事業への対応について (3) 研究班の設置   市民活動で行動を! 実現できたこと 2018年、アースディNIKKOを提案、仲間と開催。最初の年は450人来場。2年目は3000人来場。持続可能な社会SDGsについて考える機会となりました。 ふくしま写真展 3.11から10年、故郷は今(主催:さよなら原発!日光の会)  

活動報告

日光市長 大嶋一生さん逝去

議会からお昼過ぎに連絡がありました。その後ネットニュースで流れ、市民も知るところとなっている事を知りました。 一報を受けた時に、さぞや無念であったろうと思うばかり。。。 2月定例会ではお声が出づらく、体調が良くないのではと心配していました。かなり無理をしている、出来れば入院治療した方が良いのにと。 その前にも偶然私がいるのを気付かず、市長が会議室に入る時に、大きなため息ついて、よっこらしょと自分に活を入れておられた。 弱気な所を見せない市長、そのご様子にかなり辛いのだと。命を大事にして欲しい、このまま公務を続けて大丈夫なのか。お会いする度に心配でした。 それでも公務をこなして、難しい市政運営に尽力されていました。 定例会中の入院。そこも責任感が強い市長にとってお辛いことでしたでしょう。これでやっと治療に専念出来、回復して欲しいと願っていました。 2度目の市長選挙で激戦を制し市長になった大嶋さん。大嶋さんとは青年会議所にいらしている時からの古いお付き合いでした。 直言実行の豪腕タイプ。が市長になった時には日光市の財政難は酷く、豪腕を振るうとハレ−ションを招き、大変な苦労をされていました。 間近で見ていた私たち会派市民志向フォ−ラムは、市長を応援し難局を乗り切らねばと、市長にも力になりたいと話して来ました。 そのような中で病が発覚。潔く病気を表明、しかしその後コロナ禍が来て、財政難とコロナ禍にどれ程心を傷めておられたか。 病と闘う時間が取れたのか、命がけで日光市のために尽力されて。。。道半ばで逝ってしまわれました。悲しくて仕方ありません。 心よりご冥福をお祈りします。

阿部かずこの理念と政策 多様な人々が幸福を分かち合える公正な地域社会を 阿部かずこの理念と政策 多様な人々が幸福を分かち合える公正な地域社会を

多様な人々が幸福を分かちあえる公正な地域社会を
あなたが明日の生活を心配せず、人間の尊厳を失わず、何度でもやり直せる社会を構築するために、私は働きます。あなたのもとへ行き、あなたの声を聴きます。どうすれば困難から立ち直れるのか? そのために尽くせる同志を探し、共に勉強し政策提案し実現のために汗を流します。

続きを読む

profile&history これまでの歩み

生まれ育った家庭環境のこと。看護師を志した理由。福祉の領域で市民活動、NPO法人の活動に邁進していた時期。辛かったことも良かったこともすべて糧にして「これから」に生かしていきます。

続きを読む

掲載している絵画作品について 掲載している絵画作品について

作者
菅又晴美さん

いろどり豊かに伸びやかな線で描かれる晴美さんの絵は、真岡市にある「そらまめ食堂」のアートプロジェクト「そらまめ塾」で生まれました。
https://so-ra.org/mame/art.html
そらまめ食堂は、障がいを持った方たちが地域社会の一員として暮らしていくための支援を行う「特定非営利活動法人 手仕事工房そら」(益子町)が運営しています。友人である黒田太郎さんが講師を務める「そらまめ塾」を訪問させていただき、晴美さんの絵の世界に、いろんな色が共に在ることの大切さ、素晴らしさを教えられ、掲載のお願いをして使用させていただきました。

profile&history これまでの歩み

生まれ育った家庭環境のこと。看護師を志した理由。福祉の領域で市民活動、NPO法人の活動に邁進していた時期。辛かったことも良かったこともすべて糧にして「これから」に生かしていきます。

続きを読む